庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭

アクセスカウンタ

zoom RSS リキュウバイ(利休梅)

<<   作成日時 : 2017/05/16 22:02   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

「はるかの庭」でリキュウバイ(利休梅)が梅に似た白い花を咲かせている。
この花が咲くと、続いてシロヤマブキ、バイカウツギ、オオデマリなどの樹木が咲き始める。いずれも白花だ。

画像

リキュウバイは中国原産でバラ科の落葉低木。
中国原産で、日本に入ってきたのは明治時代。
茶人の千利休の名がついているが、日本に入ってきたのは明治時代。茶花としてよく利用されるのでこの名があるようだ。

画像

開花と芽吹きがほぼ同じくらいなので、白い花と新緑の葉とのコントラストが映える。
そのためウメやモモ、サクラのような派手さはないが、落ち着いた品を感じさせるのはそのためかもしれない。。
ほとんど手を加えていないが、今年は樹高が3mぐらいまで伸びて一段と美しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。久しぶりにお邪魔させて頂きます。

利休梅、あまり植わっているのを見ない木ですね。仰る通り、芽吹きの新緑に映える純白の花で、品格を感じます。
拙庭ではGWが満開でした。
同じ南信でも標高が倍くらい違うでしょうから、季節も違いますね。
月イチガーデナー
2017/05/20 21:32
こんばんは
標高が300m違うだけで、花の開花時期が半月から1月ぐらいずれますね。
ハナモモの華やかさに比べるとリキュウバイの白い花は落ち着いた感じで好きです。
haruka
2017/05/24 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
リキュウバイ(利休梅) 庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる