庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の異変―シクラメンとモクレン

<<   作成日時 : 2017/07/06 23:45   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今回も名古屋の庭のできごと。
30℃を超す暑い日が続いている中で、シクラメンとモクレンが花を咲かせている。真夏の異変である。

シクラメンは年末に正月飾り用に購入した鉢植え。
例年だと、春に花が終わった後は葉が枯れて休眠状態に入る。

画像

ところが、今年は枯れないまま残ったのでそのまま夏越しをさせるつもりで、涼しい半日陰において水やりをし、月1回ほど液肥を与えていた。
それに新しい葉が何枚も出て、不思議なことに早々と蕾がいくつもつき、この暑い盛りに花を咲かせ始めたのだ。
さて、いつまで花が咲き続けるか見ものだ。

画像

モクレンは春の花。そのモクレンにも真夏だというのに花が咲いている。
花が終わった後、わき芽が出て枝を伸ばし、その新しい枝に花を咲かせているのだ。
夏にモクレンが花をつけるのは毎年のことだが、その理由はわからない。

画像

モクレンの花の色は外側が赤紫で、内側が白色だけれど、この時期咲く花はピンクに赤紫の筋が入ったような模様になっている。これも理由はわからない。
春は花が咲いてから葉が出てくるが、夏は逆で葉が先だ。

画像

モクレンは生長が早い。ほおっておくと大きくなりすぎるので、毎年花が終わり、葉が落ち始める秋に花芽のついた枝を少し残して、ばっさりと剪定する。
ある年、業者に剪定を頼んだら、花芽のついた枝も残らず切り落として丸坊主にされ、翌年は花が咲かないという無残な結果になったので、以後は自分で剪定している。

隣のノウゼンカズラと競うように葉を茂らせてきたモクレン、その葉に隠れるようにして咲いているので、うっかりすると見逃しそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の異変―シクラメンとモクレン 庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる