庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月の庭 ― フロックス、リシマキア、ゲラニューム

<<   作成日時 : 2017/07/17 17:57   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「はるかの庭」もいよいよ夏の庭に変ってきた。
その中からフロックスとリシマキアそれにゲラニューム。

画像

宿根フロックス・ブルーパラダイス(学名 Phlox paniculata 'Blue Paradise' )はフロックスの中で最も青みが強い品種。ハナシノブ科の多年草だ。

画像

草丈1m前後と高く、青紫色の花をたくさんつける。咲き始めや、朝のうちは紫色が強いように見える。

画像

フロックスの手前の黄色い花がリシマキア。
リシマキアはサクラソウ科の多年草で、匍匐性のものなど種類が多いが、これはリシマキア・ファイアークラッカー(学名 Lysimachia ciliata 'Firecracker')で草丈60cmほど。

画像

花は5cmほどと小さいが、その黄色い花とコントラストをなすのが銅葉(褐色がかった赤紫色の葉)。

画像

地下茎でよく育ち、他の花を侵食するので、間引いて別の場所に移植したりしている。

画像

フロックスの足元にあるのがゲラニューム・ロザンネイ。

画像

ゲラニューム・ロザンネイ(学名 Geranium 'Rozanne')はフウロソウ科の多年草。
花は4-5cmほど、非常に丈夫で初夏から秋まで青紫色の花を次々と咲かせる。
花色は初夏は青みが強いが、暑くなるにしたがって紫がかってき、秋になると再び青みを濃くしてくる。

画像

草丈は40cmぐらい。年々株が大きくなり、フロックスの足元にあるものは60cmほどの大株だ。

ここは朝晩は20℃を下回る涼しさだが、日中はやはり30℃前後まで上がる。
その暑さを待っていたかのように夏の花が次々と咲き、再び賑やかさを取り戻してきている「はるかの庭」だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月の庭 ― フロックス、リシマキア、ゲラニューム 庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる