庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭

アクセスカウンタ

zoom RSS 干し柿少々

<<   作成日時 : 2017/12/26 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

山の家の近所のお宅からいただいた柿で干し柿を作った。
11月初めに皮をむき、1ヵ月ほど吊るした。12月初めに名古屋に持ち帰り、紙袋に入れて毎日100回前後その袋を振ることを繰り返す。表面に白い粉がふきださしたら完成だ。

画像

細長いのが市田柿、四角(乾いて丸くなっている)が平核無柿(ひらたねなしがき)。
市田柿の大きめのものは、ほぼ出来上がったものをいただいた。こちらは燻蒸(くんじょう)してある。

画像

市販の干し柿は、皮をむいて吊るしたら、硫黄燻蒸をする。それによってタンニン物質の酸化を防ぎ、干し柿が黒くなるのを防ぐとともに、カビの発生を防ぐ効果がある。
上の写真で左側の黒っぽい柿に比べ、右側のいただいた市田柿の色が薄いのは、この燻蒸のかおげ。
表面にふきでた白い粉は柿の糖分、これがついたらとても甘くおいしくなるのだ。今年は数は少ないが、おいしい干し柿ができて喜んでいる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
干し柿少々 庭仕事ときどき読書 ― はるかの庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる