真夏の庭

梅雨が明けた途端に30℃を超す猛暑つづき。 その上ほとんど雨が降らず、朝晩涼しい「はるかの庭」とはいえ、さすがに花たちにとっても厳しい暑さだ。 そんな真夏の庭で一番元気に咲いているのがフロックスだ。 クロアゲハも盛んに蜜を吸いに来ている。 ピンクと紫色のフロックスがあり、交互に咲いている。7月にブルーが咲き、…
コメント:0

続きを読むread more

カサブランカ咲く

カサブランカの大輪が咲いて、「はるかの庭」にも夏がやってきた。 コロナ禍と長い梅雨でこの春から初夏にかけての庭は草茫々、ぐちゃぐちゃ、見る影もなし。 カサブラナカはオランダで改良されたユリ科の栽培品種で、草丈は1.5mほど、真っ白の大輪の花を咲かせる。 強い香りがあって離れたところにいても漂ってくるのが…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーベリーの収穫

「はるかの庭」で先々週からブルーベリーがとれるようになった。 先々週は250g、先週は700g、今週は1300gと加速度的にとれる量が増えてきている。 ブルーベリー(英名:blueberry)はツツジ科の低木果樹。「はるかの庭」では寒さに強いノーザンハイブッシュ系を植えている。 春、「はるかの庭」では5月にドウ…
コメント:0

続きを読むread more

メダカの孵化、ついに470匹に

5月初めから産卵が始まったメダカ。 5月半ばに孵化が始まり、その後連日のように赤ちゃんメダカが誕生している。 卵を別の容器に移して、孵化を待つ。 1週間から10日ほどで孵化するので、別の容器に移す。1匹1匹数えながらお玉ですくうのだが、これがなかなかの至難の技。 1週間から10ほどたったら、こちらの水…
コメント:0

続きを読むread more

ジューンベリーがとれた

「はるかの庭」でジューンベリーがとれるようになった。 ジューンベリーはバラ科で、4月中旬に葉が出る前~同時期に白い花を枝いっぱいに咲かせる。 今年は花の咲く時期に来れなかったので、見られずじまいになったが、昨年の4月には全体が真っ白な花で覆われた。 その後、枝が伸びすぎたので秋にばっさりと剪定をした(す…
コメント:0

続きを読むread more

バラが咲いた

「はるかの庭」ではバラも満開となった。 イングリッシュローズのコンスタンス・スプライは今年もしっかり花をつけてくれた。 多くのイングリッシュローズが枯れてしまった中で、コンスタンス・スプライは年を追うごとに立派になってきた。 シャクヤクと競うように咲いたバラ。 カーディナル・ド・リシュリューは…
コメント:2

続きを読むread more

シャクヤク

先週、今年初めての草刈りをしてすっきりした「はるかの庭」。 遅れていたシャクヤクが咲き、バラほぼ同時期に開花して一気ににぎやかになった。 シャクヤク(芍薬)はボタン科の多年草。学名はPaeonia lactiflora。 同じボタン科といっても、ボタンは木本で冬も枝が残るのに対し、シャクヤクは草本で冬は…
コメント:0

続きを読むread more

クレマチスとオオデマリ

「はるかの庭」でクレマチスのモンタナが満開になった。 モンタナ・ルーベンスで花色は淡いピンク色。 花壇と野菜畑の間のアーチに植えている。 花付きがとてもよく、どちらから見ても株全体が花で覆われている。 モンタナ系は枯れやすいというが、この株は植えてから15年以上経過している。 一度は…
コメント:0

続きを読むread more

メダカの赤ちゃんが生まれた

メダカの赤ちゃんが次々と誕生している。 昨年、近所の方からメダカが卵を産んだからと、卵のついた水草をいただいた。 そこから生まれたメダカが6匹育ち、今年はそれがもう産卵するまでになったのだ。 メスが4匹、オスが2匹。 産卵が近づくとメスのお腹が大きくふくれ、オスが寄り添うようにして泳ぐようになる。 やがてメ…
コメント:0

続きを読むread more

チューリップ

例年GWがピークになる「はるかの庭」のチューリップ。 今年はタイミングを失してしまい、盛りを過ぎてしまった。 いつもよりたくさんの球根を植え、しかも今年はモグラの被害も少なく、元気に育っていただけに残念。 チューリップの間に植えたネモフィラも寒さに繰り返し襲われ、十分育っていない。 GWにはす…
コメント:0

続きを読むread more

メジロとハナモモ

庭の八重桜が咲き、ハナモモ(花桃)が咲いて遅い春がやってきた。 そのハナモモにメジロがやってきて盛んに蜜を吸って枝から枝へと飛び回っている。 メジロがこの時季にやってくるのは珍しい。 鳴き声はもちろんウグイス。 2本あるハナモモはしだれでピンクと白の咲分け。 そのうち1本は今年は白い花が大半…
コメント:2

続きを読むread more

アンズの花が満開

4月も半ばを迎えて、「はるかの庭」ではようやくアンズの花が満開。 先日、切り花にしたアンズが暖房のきいた部屋の中で咲いたが、それから10日ほど遅れての開花だった。 庭のアンズは「平和」と「信州大実」の2種。 「平和」は大正時代に長野県埴科郡(現:千曲市)のアンズ園で発見され、第一次世界大戦の終結を記念して名づけ…
コメント:0

続きを読むread more

南信州の桜(3)―増泉寺の天蓋桜、杵原学校のしだれ桜

増泉寺の天蓋桜は、天蓋のように庭内を包み込む見事な樹形からこの名がある。 推定年齢300年のエドヒガン桜。 高さ約20mの桜を下から眺めるとまさに壮観。 青空に濃いピンクの花がよく映える。 飯田市大瀬木にある増泉寺は1200年の歴史を持つ曹洞宗の寺院。天長年間の830年頃に創建され、正徳5(1715)…
コメント:0

続きを読むread more

南信州の桜(2)―松源寺門前桜、松岡城跡の桜

松源寺門前桜は、高森町の松源寺の門前に聳えるエドヒガンの大木で、樹高20m、幹周り3.35m。 松源寺は、臨済宗妙心寺派の寺院。永正8(1511)年から永正10(1513)年頃に松岡城主伊予守貞正によって創建された。 NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に出てくる直親(亀之丞)ゆかりの寺。今川氏に狙われた亀之丞が天…
コメント:0

続きを読むread more

南信州の桜(1)-舞台桜、石塚桜

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言。 それでも桜は今年も見事に咲いている。 麻績の里舞台桜は、半八重シダレザクラで、その花弁の数に特徴。 花ごとに5枚から10枚の花弁があるのだ。 後にある旧座光寺麻績学校校舎は、1874年竣工の長野県内最古の木造校舎。 歌舞伎舞台を併設したこの校舎に因んで舞台桜と名…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラが巣箱に入った

「はるかの庭」のヤナギの木にかけた巣箱にヤマガラが入った。 巣箱はお隣さんが作ってくれたもの。去年も使ったので、中を掃除し、消毒してまたかけ直してくれたのだ。 ヤマガラは最初は巣箱に取り付いても周りを警戒してなかなか入らない。 そのうちに中を覗き込んで、巣箱の中の様子を確認し、ようやく決心して中へ入る。 しば…
コメント:0

続きを読むread more

かたくりの里

飯田市大瀬木梅ケ久保にある「かたくりの里」を訪ねた。 カタクリはユリ科の多年草。 早春に10-15 cmの花茎を伸ばし、先端に直径4-5 cmの薄紫から桃色の花を一つ下向きに咲かせる。 晴天の日には花が朝日を浴びると、花被片が開き、背面で交差するほど反り返り、夕暮れになると閉じることを繰り返す。 「か…
コメント:0

続きを読むread more

アンズの花

アンズの花が咲いた。 といっても、切り花にして花瓶に挿しておいたもの。 この時期に剪定することがいいのかどうかわからないが、庭のアンズの木が伸びすぎて畑に覆いかぶさってきてしまったので、2週間前に枝を1本切った。 この枝に蕾がたくさんついていたので、開花するかどうか試してみたところ、見事に咲いたというわけ。 …
コメント:0

続きを読むread more

春の雪

「はるかの庭」では、昨夜からの雨が今朝7時頃から雪に変わり、10時すぎまで降り続いて、3cmほど積もった。 時季外れの春の雪だが、スノードロップにはこの景色が似合う。 とはいえ、せっかく咲き始めたクロッカスやクリスマスローズなどは寒さに震えているようだ。 標高850mにある雪景色の「はるかの庭」から標高…
コメント:0

続きを読むread more