花を訪ねて北海道の旅(4) ― 風のガーデン

画像

「風のガーデン」は、2008年10月から放送されたテレビドラマ「風のガーデン」のドラマの舞台となったブリティッシュガーデンで、実際にドラマで使用した施設を今年の5月から一般公開している。

画像

このテレビドラマも見ていないが、旭川の上野ファームを営む上野砂由紀さんが設計と植栽デザインを担当した庭ということで、訪ねてみたかったところ。

画像

新富良野プリンスホテル(富良野市)のゴルフ場跡地を利用して約2000㎡の敷地に365品種の花々が植えられている。
この庭へは、新富良野プリンスホテルピクニックガーデンより小型の送迎バスを利用する。

画像

風のガーデンは、新富良野プリンスホテルのホームページでは「ブリティッシュガーデン」とされているが、上野さんは、北海道の気候と風土にあった「北海道ガーデン」を意図したとのこと。

画像

2年間かけて植栽された花々はおよそ2万株という。人の背丈ほどある花も多く使われているが、植物の高さや地形を活かした植栽で、北海道のダイナミックさが巧みに表現されており、この点は上野ファームを想起させる。

風のガーデンで出会った花々。
365品種の中のわずか12品種のみだが、いずれも風にそよぐような背丈の高い花にカメラが向いたのは、やはり「風」のガーデンだから・・・。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

見学時間は1時間弱。天気が回復してゆっくり見て回ることが出来た。
このあとは美瑛のパッチワークの路を経由して、4日目の宿泊地旭岳温泉へ向かう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック