ヒマラヤ旅行記(1) ― カトマンズへ

画像


11月半ばからワールド航空サービス主催の「究極のヒマラヤジョムソン街道の旅」9日間に参加した。
6月の旅行でスイスアルプスに感動し、それなら次はやっぱりヒマラヤだ、ということで急遽参加を決めたのだった。


当初のスケジュールは次のとおり
--------------------------------------------
1日目
中部国際空港から香港乗り換え、カトマンズへ

2日目
カトマンズから空路ポカラへ

3日目
ポカラから山岳フライトでジョムソンへ
ジョムソンから四輪駆動車でナウリコットへ、
途中マルファ村見学

4日目
セコン湖へハイキング

5日目
ナウリコットから四輪駆動車でジョムソンへ
ジョムソンで車を乗り換え、カグベニ村へ
午後、カリガンダキ河畔を散策後、ジョムソンへ

6日目
ジョムソンから山岳フライトでポカラへ

7日目
午前、カラバンへのハイキング
午後、ポカラへ戻り自由行動

8日目
早朝、サランコットの丘でヒマラヤの夜明けを展望
ポカラから空路カトマンズへ
午後、古都パタンの散策
深夜、カトマンズより空路香港へ

9日目
香港で乗り換え中部国際空港へ
-------------------------------------------

ポイントは、雄大なダウラギリ峰を展望できるロッジに連泊し、 チベットとインドとの交易路として栄えた「ジョムソン街道」の沿いのマルファやカグベニなど素朴な村々を訪ねる。
しかも、カトマンズからポカラまで、ポカラからジョムソンまではヒマラヤを展望できる山岳フライトというもの。

ツアーの参加者は男性4名、女性8名の合計12名だった。

--------------------------------
--------------------------------

■1日目

中部国際空港に7時55分に集合。

ネパールは今は乾季ということなので、ダウラギリやアンナプルナなどヒマラヤの名峰が間近に見えることを期待しながら、中部国際空港9時55分発 キャセイパシフィック航空533便で香港へと出発。

日本からのネパール直行便は今は運航していなので、香港で乗り換えてネパールの首都カトマンズへ向かうのだ。

平穏なフライトで、13時30分ほぼ定刻通りに香港国際空港に到着(日本と香港の時差は-2時間)。

香港国際空港(Hong Kong International Airport) は、1998年7月に香港市街から約35kmのランタオ島の沖合に、24時間運用の国際空港としてオープンした。

従来の啓徳空港時代には、香港のビル群すれすれの高さを飛行して着陸していたものだが、新しい空港は敷地面積は約4倍となり、3800mの滑走路2本を備えた広々とした空港になっている。

画像

現在は100以上の航空会社が世界160都市に就航し、チャンギ国際空港、韓国の仁川国際空港とともにアジアのハブ空港として機能している。

乗り継ぎ時間に眺めていても、スポットには各社の航空機がずらりと駐機し、次々と離着陸が繰り返されていた。

画像

ターミナルも従来の約7倍になり、特徴あるY字形をしている。
香港では、次の便まで4時間の待ち時間があるので、ターミナルにあるショッピングや飲食施設などを見学して回って時間をつぶした。

香港国際空港を17時30分発 香港ドラゴン航空192便でダッカ経由カトマンズへ。

ダッカで1時間あまり機内待機、ここで1/3ほどの旅客が乗り替わった。

カトマンズへは22時20分に到着(香港との時差は-1時間15分)。
ここで全員が下りるものとばかり思っていたら、不思議なことにダッカで乗り込んだ旅客の大半がそのまま座り込んでいる。

なんと、これはそのまま折り返して、香港へ直行して戻るので、ダッカの旅客はカトマンズではなく、Uターンして香港へ向かう旅客だったのだ。

カトマンズの空港はトリブバン国際空港。
トリブバン国際空港(Tribhuvan International Airport)は、カトマンズ中心地から約6km東に位置し、周囲を高い山に囲まれているために離着陸が難しい空港だと言われている。

それだけでなく、霧の発生も多く、空港が閉鎖されることも度々で、滞在中も閉鎖されている時間がかなりあった。

入国手続き後、バスでホテルへ。 

画像

ソルティ・クラウン・プラザ(Soltee Crown Plaza Hotel)は、カトマンズ空港から約8km、タハチャイに位置する5つ星ホテル。客室l数283。

画像

深夜遅くにチェックインして、翌朝ポカラへ出発するので、朝食をとり、庭園を少し歩いただけであったが、きれいなホテルである。

(つづく)

----------------------------------------------------------
■ヒマラヤ旅行記
ヒマラヤ旅行記(1) ― カトマンズへ
ヒマラヤ旅行記(2) ― カトマンズ、混沌と喧騒、交通渋滞
ヒマラヤ旅行記(3) ― ポカラ
ヒマラヤ旅行記(4) ― ポカラ、国際山岳博物館
ヒマラヤ旅行記(5) ― ナウリコットヘ、悪路を4WDで10時間の旅
ヒマラヤ旅行記(6) ― ダウラギリの朝焼け
ヒマラヤ旅行記(7) ― セコン湖までのハイキング
ヒマラヤ旅行記(8) ― マルファ村からジョムソンへ
ヒマラヤ旅行記(9) ― ジョムソン
ヒマラヤ旅行記(10) ― ジョムソン街道をカグベニ村へ
ヒマラヤ旅行記(11) ― 山岳フライトとポカラ・グランデからアンナプルナ展望
ヒマラヤ旅行記(12) ― カラバンへのハイキング、アンナプルナの絶景
ヒマラヤ旅行記(13) ― サランコットの丘から朝焼けのアンナプルナ
ヒマラヤ旅行記(14) ― ポカラからカトマンズへ、空から見たアンナプルナ
ヒマラヤ旅行記(15) ― 古都パタン散策
ヒマラヤ旅行記(16) ― カトマンズ
ヒマラヤ旅行記(17) ― ジョムソン街道、アンナプルナ、ダウラギリ(動画)
----------------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年11月27日 22:38
今晩は。ネパ-ルでしたか!!
さぞ素晴らしい風景、風物を見られたことでしょう。楽しみにしています。
それにしても女性の参加者の方が多いのですね。すごいバイタリティと思います。
2011年11月30日 22:51
こんばんは
ご無沙汰しました。
9日間のネパール旅行を楽しんできました。
いろいろ楽しい経験や珍しい見聞をすることができました、
いくちゃん
2011年12月01日 00:29
お久し振りです。ネパールの旅日記楽しみにしてました! スイスの山々との違いはどうでしたか? 気候は寒いのですか?
2011年12月01日 16:42
こんにちは
ご無沙汰しました。
スイスの4000m級の山も素晴らしかったですが、8000m級となれば、やはりスケールが違います。
マッターホルンとそっくりの山がよく見えましたよ。
カトマンズは朝晩は涼しいのですが、日中は暑いくらいでした。

この記事へのトラックバック