スノードロップとクロッカスが咲いていた

画像

2ヵ月ぶりで見る「はるかの庭」。
すっかり雪が融けて、スノードロップとクロッカスが可愛い花を咲かせていた。

画像

スノードロップはヒガンバナ科の球根植物。
「はるかの庭」のスノードロップは、エルウェシーという品種。
地際から2-3枚の葉が出る。その間から花茎が伸びて、先端にその名のとおり雪のような白色の花が下向きに咲く。
花は3枚の長い花びらとその内側に3枚の花びらをもち、内側の花びらに緑色の斑点がある。
この緑色の斑点がチヤームボイントだ。

画像

クロッカスはアヤメ科の球根植物。
球根はあちこちに植えっぱなしにしており、花の色は紫色、白色、黄色など。
ところが、今咲いているのはもっぱら紫色ばかり。
他の色はどこへ行ってしまったのか。

画像

球根から細い葉が出ると同時に葉の間からつぼみが伸びてきて花が咲く。
花びらは6枚で、日が当たり気温が上がると開き、夕方や曇りの日には閉じる。

花が終わると、茎がぐんぐん伸びて、栄養を蓄えて新しい球根を作るので、葉は枯れるまでそのままにする。
これはチューリップなどでと同じだ。


「はるかの庭」の今日の気温は17℃。
例年ならまだ凍てついている庭の土も柔らかくなっている。
待ちに待った春の花のシーズン到来だ。

名古屋の庭で育てていた花の苗のうちから、今日はスイートピーとアグロステンマを運んで、早速庭に植えた。
ともに50cm以上に生長してしまっているけれども、この暖かさが続けばうまく根付いてくれるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック