シュウメイギク

画像

秋分の日を過ぎて、「はるかの庭」も秋めいてきた。

画像

シュウメイギク(秋明菊)が庭の一角で咲き誇っている。
名前どおり9-10月の秋の真っ盛りに花を咲かせるキンポウゲ科の多年草。

画像

学名はAnemone hupehensis var. japonica、英語名はJapanese anemoneと呼ばれるが、原産地は中国で、古い時代に日本にやってきて野生化したものという。

画像

地下茎を伸ばしてどんどん広がって、最初に植えたころと比べると倍以上の広さになっている。背丈が1mぐらいになって、先日の台風で倒されてしまったが、まだまだ元気いっぱいだ。

画像

「はるかの庭」でいうと一番右、つまり一番西の方に植えている。
夏にはびこった雑草をやっと取り払いなんとかみられるようになった庭、シュウメイギク以外では、コスモス、ダリア、ジニア、アゲラタムなどが咲いている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック