「はるかの庭」のチューリップ

画像

「はるかの庭」にようやくチューリップの季節がやってきた。

画像

今年は暖かくなったり、寒くなったりと、チューリップも開花の時期を見極めるのが大変だったろうが、例年通りGWに合わせて咲きそろってきた。

画像

それに今年は幸いなことにこれまでのところネズみに球根を齧られる被害も出ていない。これも改元のご利益か。

画像

球根は昨年10月に新しく購入したものを植えこんだほか、前年咲いたあと、肥培して球根を太らせたものをあちこちにランダムに植えこんだ。

画像

新しい球根はまとめ植えしている。

画像

このコーナーは遅咲き種で、まだこれからが本番。

画像

驚いたことに新しい球根よりも、古い球根のほうが大きく立派な花を咲かせている。

画像

チューリップだけではなく、他の花との組み合わせもいろいろ工夫している。
忘れな草、紫花菜、ムスカリ、ネモフイラなど、青や紫色の花がチューリップによく合う。
薄いピンクの八重咲き種と組み合わせたネモフィラも数は少ないもののよく咲いた。

画像

遅咲き種の周りに植えたムスカリは先行して咲きそろってしまったが、花期が長いので大丈夫だろう。

画像

いわゆる植えっぱなしチューリップは寒さに弱いのか、1種類を除いてほとんど消えてしまった。

画像

まだ、庭全体はさびしいが、チューリップやスイセンなどが咲き、まもなくシャクヤクの開花を迎える「はるかの庭」だ。

この記事へのコメント

ひなたぼっこ
2019年05月09日 11:03
おはようございます。チューリップが咲き揃いましたね。私のふるさと北海道の5月は、家々の庭先にはまず、黒い地面にクロッカスの群生。それに続いてチューリップが遅い春を謳歌するように、見事に花開きます。
今年は、早めに関東に戻りましたので映像はありませんが
来年はお見せできたらと思います。
ひとつ、お尋ねします。お庭のシンボルツリーの種類を
教えて下さい。
2019年05月10日 19:44
こんばんは
「はるかの庭」でも春一番はクロッカスです。
庭にある高木はもともとここに自生していたものです。特にシンボルツリーと呼んではいませんが、庭のアクセントにはなっていると思います。
一番奥の1本はヤマグリ、秋にたくさんの小粒のクリがとれた年もあります。
ほかの4本はヤナギです。
ヤナギの種類が正確にわかりませんが、ジャヤナギ(蛇柳)のようです。小枝が折れやすいという特徴があり、冬の間にたくさんの折れた枝が庭に散らばっています。

この記事へのトラックバック