ビワの花

IMG_9603.jpg-2400.jpg
時の流れが年々早くなるばかり。ブログの更新を怠っている間に、今年も残り1日になってしまった。
信州の「はるかの庭」は12月も半ばを過ぎると、土が凍てついてしまって仕事にならない。
早々に冬支度を終えて、あとは名古屋の庭で来年の春に向けて苗作り。

その名古屋の庭では今ビワの花が満開。
香りのよい5弁の白い花を咲かせている。地味な花なので今まであまり気がつかなかったが、今年はたまたま低い位置に花がついたので気がついた次第。

5月ごろに実がなる。
昨年はたくさん収穫できたが、今年はそろそろ収穫できるかなと楽しみにしていたところで、野鳥に跡形もなくとられてしまった。

IMG_9599.jpg-2400.jpg
ビワ(枇杷)はバラ科の常緑高木。葉は濃い緑色で、大きく長い楕円形をしている。
ビワの名はこの葉の形が楽器の琵琶に似ているところからつけられた。

タネを庭に埋めておいたら簡単に発芽してどんどん生長し、現在のような樹高が5mを超えるまでになっている。
そろそろ半分ぐらいまで切り戻ししないといけないが、他の庭木や垣根の剪定に追われて手が回らない。

DSC_0740.jpg-2400.jpg
来年の春の花の育苗もいそがしい。
パンジー、ビオラ、ネモフィラ、アリッサム、ロベリア、忘れな草、デルフィニウム、ジギタリス、スイートピー、ナデシコ、矢車草、アグロステンマ、カスミソウなど・・・置き場に困るほどの苗、すべて種をまいて育てている。
どこに何をどう植えようかと、咲いたときの姿を想像しながらポットに植え替えたり、水やりをしたりの年末だ。

DSC_0736.jpg-2400.jpg
今年の春にメダカの卵をいただいた。そこから、6匹のメダカが生まれた。
毎日そのメダカの様子を見るのがもう一つの楽しみ。
1匹はほかの5匹に先行して生まれたので、一回り大きい。残り5匹はほぼ同じ大きさで、日中暖かくなるとメダカの学校よろしく、上に浮かび上がってくる。
寒くなると活動が鈍くなるが、メダカも草花の苗と同様に無事冬越しをして、来年の春には元気に泳ぎ回ってほしいものだ。

------------------------------------------------------------------------------------

今年もご訪問いただき、ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント