テーマ:オダマキ

オダマキ

「はるかの庭」でピンクとブルーのオダマキが咲きそろってきた。 オダマキはキンポウゲ科の多年草。 オダマキの名の由来は、麻糸を空洞の玉のように巻いた「苧環」に花の形が似ているところから。 花は5枚のガクと筒状の花びらからなり、ガクの後ろに角のように突き出した距(キョ)がついている。 夏の暑さに弱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オダマキも咲いた

オダマキも「はるかの庭」のあちこちで咲き始めた。 オダマキはキンポウゲ科の多年草で、山地に自生するミヤマオダマキを園芸用に改良したもの。 オダマキの名は、麻糸を空洞の玉のように巻いたもの「苧環」に花の形が似ていることから。 花の色は青紫色や白色それに濃いピンクや薄いピンクなどがある。 「はるかの庭」で圧倒的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の庭(2)

5月も終わりに近づいて「はるかの庭」もようやく春から初夏の花へと変わってきた。 オダマキ(苧環)はキンポウゲ科の多年草。草丈は30-50cmほど。 花色は青、赤紫、薄紫、白色などがある。 花が終わると、たくさんのタネができ、これがはじけて飛び散るので、「はるかの庭」ではこのこぼれタネでどんどん広がっている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「はるかの庭」の5月 ― ジギタリス、オダマキ

5月も残り3日、「はるかの庭」の風景は大きく変わってきた。 前半の主役だったチューリップに代わり、メイン花壇にはジギタリスが咲き始めた。 ジギタリス(Digitalis) はゴマノハグサ科の多年草。 長さ30~50cmの花穂を出して、そこに筒状で先端が浅く切れ込んだ花をつける。 花色は紫紅色のほか白やピンクなどバラエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more