テーマ:クリスマスローズ

立春、クリスマスローズ咲き始める

立春の今日は名古屋の気温も14.6℃まで上がり、3月下旬並みの暖かさ。 庭の花も少しずつ活気を帯びてきたよう。 クリスマスローズが咲き始めた。 霜よけ代わりに残したままの葉っぱの陰に隠れて数個のつぼみがふくらんでいる。 まだ、こんなつぼみだけれど、この暖かさだと開花も早まりそう。 白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ

「はるかの庭 」も連日20度を超す暑さ。 そんな中でクリスマスローズも次第に咲きそろってきた.。 今のところニゲル系の白い花が目立つ。 オリエンタリス系は冬の寒さのせいか、生長が遅れていたが、ここにきて少しずつ開花してきた。 チオノドクサも数が増えてきた。 植えっ放しにしているので、球根が増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の下から

今日は気温も10℃を超え、「はるかの庭」の雪がどんどん融けていった。 雪が融けるにつれ、花が顔を出してくる。 クリスマスローズがまず1輪。 スノードロップは名前どおりに雪とよく似合う。 バラの根元のわらの間からは紫色のクロッカス。ここはさすがに雪融けが早い。 10球以上のクロッカスがかたまって出てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ

平昌オリンピックが終わった。 氷と雪の上の選手の活躍に力が入った2週間だった。 平昌の気温を耳にするたびに、まだ雪が残っているという山の家の気温と比較してしまう。 一方、名古屋の庭はこのところの暖かさでクリスマスローズが咲き始めた。 赤紫色のオリエンタリス(H. orientalis)と白色のニゲル(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズが咲きだした

4月初旬にしては異常な暖かさ。雨が降っているのに「はるかの庭」の寒暖計は18℃以上を示している。 その暖かさで、クリスマスローズが一気に咲きだした。 今までついていた古い葉をすべて付け根から切り落としてみると、隠れていたクリスマスローズの花が現れた。 クリスマスローズの間に植えこんだクロッカスは一足先に花を咲かせており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズが咲きだした

新しい年になって早くも1ヵ月、年々時の流れが速くなっている。 名古屋の庭ではクリスマスローズが咲き始めた。 クリスマスローズはキンポウゲ科の多年草。 鉢植えにしてあったものを、株が大きくなりすぎたので数年前に地植えにしたもの。 その後、こぼれ種から発芽して株が増えている。 クリスマスローズは有茎種と無茎種が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズが咲いた

名古屋の庭ではクリスマスローズが咲いた。 寒暖の差が激しい今年の冬、全体としては暖冬といえよう。そんな暖かさがクリスマスローズの開花も早くしたようだ。 クリスマスローズには有茎種と無茎種があるが、ここにあるのはいずれも無茎種。 つまり、葉と花が根から別々に生えてくる種類だ。 花は花柄の先端の苞葉部から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズが咲きそろった

「はるかの庭」でクリスマスローズが咲きそろった。 名古屋の庭よりほぼ1ヵ月遅れで咲いたことになる。 今年は白色の花をさかせるニゲル種が元気だ。 もともとは3株あっただけのもの。それがこぼれ種から発芽して10株ほども花を咲かせるまでに育っている。 そのほかでも、最初植えたものは病気が出たりして枯れたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ

早いものでもう3月、今日は桃の節句だ。 名古屋の庭では、クリスマスローズが真っ盛り。桃の節句とはあまり関係ないのだが・・・。 鉢植えにしていたものを数年前に庭に植え替えたら、株がどんどん成長して、それに伴って花の数も増えた。 クリスマスローズはキンポウゲ科の多年草。 「クリスマスローズ」の名前は本来キンポウゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズが咲きそろった

「はるかの庭」のクリスマスローズが咲きそろった。 例年なら3月末から4月初めに咲きそろうクリスマスローズ、今年は2月の大雪のため生長が遅れ、やっと開花にこぎつけたのだ。 クリスマスローズはキンポウゲ科の多年草。 クリスマスローズには、12月末ごろ開花する「ニゲル」と、春に開花するオリエンタリスを元とした園芸品種…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「はるかの庭」のクリスマスローズ

「はるかの庭」でクリスマスローズが咲きそろってきた。 クリスマスローズはキンポウゲ科ヘレボラス属の多年草。 「クリスマスローズ」という名前は本来ヘレボラス属の中の「ニゲル」種につけられたものだというが、日本ではヘラボレス属全体をクリスマスローズと呼んでいる。 そのニゲル種は12月に花が咲くのだが、「はるかの庭」では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ

名古屋の庭では、クリスマスローズも咲きだした。 1株鉢植えにしてあったものが大きくなりすぎたので昨年株分けした。 古い葉が枯れたので取り除いたけれど、まだ新しい葉が出てきていない。 花だけが先に2輪咲いてしまったのだ。 こちらは株分けして花壇に植えたもの。 半日陰に植えてあるが、こちらのほうが株が大きくなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズも寒さに凍える

「はるかの庭」でクリスマスローズが咲き始めている。 ところが、昨日の夕方からどんどん冷え込み、今朝の最低気温は-2.7℃。 朝起きてみると庭一面うっすらと雪化粧。 日中もときどき雪が舞っていた。 クリスマスローズも咲き始めたものの、うつむいたまま寒さに耐えている。 クリスマスローズはキンポウゲ科の多年草…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスローズが咲きそろった

「はるかの庭」のクリスマスローズが咲きそろった。 まだ花の少ない「はるかの庭」で比較的早くから花をつけてくれるので、この花が咲いてくれると春の到来を実感する。 寒い冬もようやく終わりをつげたと思ったら、この週末の日中の気温は20℃を超す暖かさ、一気に5月の陽気である。 蕾をつけてじっと寒さをこらえていた花たちが一斉に開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふきのとう、福寿草、クリスマスローズ、スノードロップ 、ビオラ― 春の息吹き

2週間ぶりの山の家。 庭の雪は一部を残すのみとなっていたが、今朝の気温は-6.5℃、まだ寒さが厳しい。 雪どけ後まだ日が浅いのか、ぬかるんだようになっている庭をまわって歩くと、あちこちに遅い春の到来の兆し。 ふきのとうを10個ほど見つけた。 ふきのとうはフキの花のつぼみで、葉が出る前にふきのとうだけが独立して地上に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が来た ― 雪割草、クリスマスローズ

今朝の最低気温はまた-1.6℃と冷え込み、めだか池が凍っていた。 でも、日中はどんどん気温が上がり、16.5℃と4月並みの陽気になった。 庭のあちこちで春の到来を告げるように、次々と花を咲かせ始めた。 雪割草の白い花と薄いピンク色の花が一斉に咲いた。 雪が庭に残っている間は、枯葉の下に隠れていた花が、雪が解けて暖かく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more