テーマ:野鳥

ヤマガラのヒナが顔を出した

先週は「はるかの庭」に掛けた巣箱へヤマガラがせっせと餌運びをしていた。 今週はその巣箱の穴からヒナが顔を出した。 最初、餌運びをする姿が見えなかったので、すでに巣立ったかと思ったが、翌日になると頻繁に餌を運び、巣箱に出入りしている。 黄色いくちばしと大きな目がかわいいヒナは巣箱から顔を出して親鳥が餌を運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラが巣箱に出入り

「はるかの庭」に掛けた巣箱にヤマガラが出たり入ったりしているのを見つけた。 巣箱は3年ほど前にヤナギの木にお隣さんが作ってかけてくれたもの。 今年の4月半ばに巣箱の周りに5,6羽のヤマガラが集まっていた。今まで庭にきていても、この近くに寄ってきたことがなかったので不思議だった。 どうやら巣作りのために集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイスの初鳴き

名古屋の家の近くの林の中からウグイスの声が聞こえた(上の写真は2月3日、庭で撮影)。 一昨日の朝、「ケキョ、ケ・・・」とヘタな鳴き声が聞こえたと思ったら、昨日9日の朝には「ホーホケキョ」としっかり鳴きだした。 うれしい今年のウグイスの初鳴きだ。 気象庁のHPで「うぐいすの初鳴日」をみると、昨年の名古屋は13日で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲良しメジロ

「目白押し」という言葉がある。 野鳥のメジロが樹上に押し合うように並んでとまるところから来た言葉。 庭では、そんな様子を見ることは無理だ。 リンゴを食べに来るときでも、2羽でやってくることが多いのだが、食べるのは1羽ずつ。 先にリンゴに取り付いても、後からきたメジロにゆずることが多い。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロとウグイスがやってきた

名古屋の庭にこのところ毎日のようにメジロがやってくる。 お目当ては庭においたリンゴやミカン。 メジロはスズメ目メジロ科の野鳥。 全長約12cmで、スズメより小さい。 緑がかった背と暗褐色の羽をもち、雌雄同色。 目の周りの白い縁取りが特徴で、メジロの名前の由来となっている。 小さい体にもかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロ(動画)

名古屋は昨日、今日と2日続けての雪の朝になった。 昨日は2cm弱、今日は4cmほどの積雪だ。 その雪解けを待つようにして庭にメジロがやってくる。 庭においたリンゴやミカンをおいしそうについばんでいる。 1羽で来ることもあれば、2羽、3羽と連れだってやってくることもある。 1羽が食べている間は他のメジロはじっと待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロがやってきた(動画)

名古屋の庭にメジロがやってきた。 昨年はほとんど見かけなかったが今年は毎日やってきては庭に置いたミカンなどをついばんでいる。 番であろうか、だいたい2羽で来ることが多いが、1羽だけできたり、3、4羽が連れ立ってきて仲良く順番にあるいは争いながらついばむ姿はかわいくもあり、おかしくもある。 メジロはスズメ目メジロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラの遊ぶ庭

まだ雪の残る「はるかの庭」にヤマガラがたくさん飛んできてエサをついばんでいる。 楽しんでいるのか、それともエサの奪い合いか、目まぐるしく飛び交うヤマガラたちだった。 ヤマガラはシジュウカラ科の野鳥。標高1,500m以下の広葉樹林に生息するが、冬になるとエサを求めて「はるかの庭」にやってくるのだ。 動画再生は⇒を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小幡緑地公園の散歩

元旦は肌寒かったものの、2日以降は春を思わせる穏やかな日が続いた。 昨日は、そんな陽気に誘われて、近くの神社に初詣で、例年のごとく1年の無病息災を祈る。 そのあと、小幡緑地公園まで出かけた。 ふだんは芝生広場を散歩するぐらいであるが、今回は「緑ヶ池」の北側に広がる森の中の駐車場に車を止めて、池の周りを散歩した。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥と遊ぶ ― シロハラとメジロ(動画)

名古屋の庭では、リンゴやミカンを目当てに毎日のようにメジロやシロハラがやってくる。 観察していると、なかなかおもしろいものだ。 今もシロハラが庭においたリンゴを食べている。 でも、もとはといえば上にいるメジロA(雌雄がわからないので仮にAと呼ぶ)が食べていたものを追っ払ってしまったのだ。 そこへ別のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥と遊ぶ ― シロハラもリンゴが好き(動画)

シロハラは今までも時々やってきていたが、カメラでとらえたのは初めてのことだ。 シロハラはスズメ目ツグミ科の野鳥。 中国東北部からロシア沿海地方で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥。 全長は約25cm、ヒヨドリより少し小さめ。 全身が灰褐色で、名前のとおり腹部が白い。 雌雄同色だが、メスの方が顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥と遊ぶ ― スズメのバトル(動画)

今日も庭に野鳥が次々とやってきた。 スズメは一番に身近に生息する野鳥、人間とともに生きている鳥である。 「雀の子そこのけそこのけ御馬が通る 一茶」と古くから親しまれてきた。 分類学上も鳥綱スズメ目スズメ科スズメ属スズメ種とスズメだらけだ。 「ちゅんちゅん」という鳴き声や、地上でホッピングして移動する姿が可愛い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥と遊ぶ ― メジロ、ムシクイ、ルリビタキ(動画)

名古屋の庭にメジロなどの野鳥が盛んにやってくるようになった。 今年は寒さが厳しくエサが思うように見つけられないせいか、庭においたリンゴやミカンを目当てにくるようだ。 メジロは東南アジアから東アジアに分布するスズメ目メジロ科の野鳥。 全長は約12cmとスズメより小さい。緑がかった背と暗褐色の羽をもち、雌雄同色。 目の周…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥のくる庭

冬になると、「はるかの庭」にはたくさんの野鳥がエサを求めてやってくる。 エサはヒマワリの種とかリンゴやミカンなどの果物。 ときにはパンくずなども。 ヒヨドリはリンゴやパンを食べ、ヤマガラはヒマワリの種を好んで食べ、なければパンを食べている。 ベニマシコは用心深いのか、それとも食性が違うのか、エサ台には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた大雪か

今日は4年に1度のうるう日。 何か珍しい出来事でもと期待したが、また山の家は大雪のようだ。 テレビでは東京で雪が舞っているというニュースを見た後、先日、山の家の水道の修理をお願いした業者さんから部品が入ったとの電話があったので、山の家の方の雪の様子を尋ねたら、平地で10cmほど積もったという話。 念のため、気象庁のHP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬に逆戻り ― また雪が10cmも積ってしまった(動画)

スノードロップが咲いて春が近づいたと思いきや、今朝起きてみると庭一面雪景色。 また真冬に逆戻りだ。 朝の7時ごろには5cmほどだったのが、9時ごろには10cm近くになってしまった。 風がほとんどなかったために、パーゴラの上の雪も、木々の枝の雪も降ったそのままに積もっている。 とても3月の景色とは思えない。 先週…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒヨドリとメジロ(動画)

庭木にリンゴを吊るすと、ヒヨドリやメジロが目ざとく見つけて、あっという間に食べつくしてしまう。 ヒヨドリはどこにでもいる鳥だが、用心深く、人の気配を感じるとすぐ飛び立ってしまうので撮影するのがなかなか難しい。 だから、ヒヨドリに見つからないようにかくれんぼしながらカメラを構えている。 ヒヨドリは、スズメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「はるかの庭」はカケスでにぎやか(動画)

雪が融けず庭仕事のできない「はるかの庭」だが、このところエサを求めてやってくるカケスやヒヨドリでにぎわっている。 カケスは雑食性でリンゴやパンくずをおいておくと、あっという間に食べつくしてしまう。 1羽ずつでくるときもあれば、2、3羽連れだってくることもある。 連れだってきても、一緒にエサ台にのることはなく、近くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の家もまだ雪の中

今年初めての山の家、やはり雪の中だった。 先日名古屋で大雪が降ったときの雪が気温が低いために融けずに残っているのだ。 最高最低温度計には、この1ヵ月ほどの間の最高気温が5.6℃、最低気温が-9.6℃の記録が残っていた。 今朝の最低気温も-6.9℃だったから、雪はほとんど融けない。 庭のバラは寒さに震えているば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メジロがくる庭(動画)

メジロが名古屋の庭にもやってきた。 庭木に刺したミカンをついばみに近くの林からメジロが2羽、3羽ときている。 メジロはスズメ目メジロ科の野鳥で、ズスメよりやや小さめである。 緑がかった背と暗褐色の羽がよく目立ち、雌雄同色。 目の周りに特徴ある白い輪があり、名前の由来となっている.。 ちなみに英名でも、メジロはwhi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カケスがやってきた

「はるかの庭」にこの冬の一番乗りでカケスがやってきた。 雪が降るようになると、餌を求めて野鳥が庭にやってくる。 庭にある2ヵ所のエサ台には、ときどきによって異なるが、パンくずや果物、雑穀、ヒマワリの種などをおいている。 今はパンくずだが、野鳥は明け方ぐらいに飛んでくるようで、朝起きた時にはエサはほとんどなくなっている。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の庭は・・・

木曜日に1ヵ月ぶりに山の家にきた。 2月の初めに20cm以上積った雪も、このところの暖かさでほとんど融けていた。 それでも、金曜と土曜日は夜明け前に降った雪がまたうっすらと積もった。 日曜日には気温が上がり(といっても5℃くらいまで、)再び庭の土が見えるようになった。 暖かさに誘われて、野菜畑の土の天地返しを少し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

メジロがやってきた

庭にリンゴを樹の枝などにさしておいたら、メジロが目ざとく見つけて飛んできて、なかよくついばんでいる。 番いなのか、2羽でくることが多いが、たまにもう1羽一緒にきたりしている。 山の家では、ヤマガラ、コガラなどにまじって、メジロがよくえさ場にやってくるが、名古屋の家では見かけることが少なかった。 メジロは甘い蜜や果物…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥の訪れ

先週の金曜の夜から月曜日までは3週間ぶりに山の家で過ごす。 庭にはまだ前回来た時に降った雪がとけずに残っていたが、その雪も金曜日の雨とそのあとの春を思わせるような暖かさでかなりとけてくれた。                    メジロ この山の家での冬の楽しみは、雪を頂いた南アルプスの眺めと、野鳥の訪れだ。 これまでのデジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エサ台が完成

今朝はすっかり晴れ上がって、ほっと一息。といっても、3週つづきの雪で、日陰は50cmを越える雪が積み重なった状態。とりあえず、車の出入りができるように朝食前に、雪かき。 野鳥の屋根付きエサ台が完成。早速、今までのエサ台と並べておいてみる。とりあえず、雪で足元を固めてあるが、雪が解けたら、ひっくり返るかも。 野鳥は最初は用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた雪

先週降った雪が解けないうちに、また今日は朝から雪。夕方までに15cmほど積もってしまった。 取り付け道路の雪かきをしたが、すぐまた埋まってしまった。 名古屋も今年初めての積雪、しかも13cmも積もったと19時のニュースでいっていた。そうすると、我が家のあたりは20cmくらい積もっているかもしれない。 いろいろな野鳥がエサを求め…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

野鳥

3週間ぶりの山の家。昨夜、こちらについたときの気温はマイナス6℃ 先週降った雪が、まだ庭に残っていて、多いところでは10cmぐらい積もっている。 標高550mの村の中心部もうほとんど解けてしまってるのに、標高差300m、気温にして3℃の違いでずいぶん違うものだ。 この冬は、野山に食べ物が多かったのか、これまで小鳥の姿をあま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more