テーマ:庭仕事

アンズに実がついた

4月10日ごろに花が咲いたアンズ。 10日間ほどで花は散ってしまったが、5月になると花のあとに、ちゃんと実がついてきた。 まだ、直径1cmほどの大きさにすぎないが(写真は信州大実)、うまく育ってくれれば、7月ぐらいには収穫を期待できそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨と庭仕事

ゴールデンウィーク3日目は朝9時過ぎから雨。 それでも午前中は、降ったり、やんだり・・・。合い間をぬって畑仕事でハーブと野菜の種まき。  ハーブはガーデンクレス、ペパーミント、ラベンダー、ルッコラ。  野菜は枝豆、ブロッコリー、小ネギ、モロヘイヤ。 午後になると雨は強くなった。やむを得ず、作業場で伐木の片付け。 屋根つきの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジャガイモの芽が出た―国際ジャガイモ年

先日植えたジャズイモの芽が出た。4月の初めに植えたので1ヵ月近くかかって芽が出たことになる。 ところで、今年は国連の「国際ジャガイモ年」だそうである。 <「発展途上国における食糧としてのジャガイモの重要性についての認識を高める」ことが目的で、国連食糧農業機構(FAO)が提唱、2005年(平成17年)の国連総会で採択された。>(伊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイセン

「はるかの庭」でスイセンの花が咲きそろってきた。 球根はすべていただいたものばかり。7、8種類ありそうだけれど、花が咲かないとわからないところがある。やむをえないので、とりあえず一度咲かせてから、種類ごとに分類して植え替えることにする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南信州の桜

昨日は、庭仕事の合間をぬってのお花見。 南信州には、各地に樹齢300年以上の桜の古木や、姿かたちの美しい桜の名木が数多くある。これらの1本桜を順に訪ねて回りたいのだが、ちょうどこの時期は庭仕事のはじまりと重なるのが悩みの種。 瑠璃寺のシダレザクラ(高森町大島山)は樹齢200年以上、源頼朝が寄進した桜の子孫と伝えられている。 参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の苗の植え付け

名古屋の庭は「うららのお庭」とよんでいるが、山の家の庭は「はるかの庭」と名付けた。 庭の草花は、バラや花木をのぞいて基本的に種から育てている。 だが、「はるかの庭」で花の苗の冬越しはむずかしいので、名古屋で種をまき、ポットやトロ箱で苗を育て、春暖かくなってから、「はるかの庭に」移植することにしている。 ということで、土曜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭仕事の開始

22日の土曜日にはるかが手術をしたため、2週間ぶりの山の家。 手術当日と翌日は元気がなかったはるかも、月曜日にはもうボール投げをしようとしたり、散歩に出たりして、驚くほどの回復ぶりだ。 このところ、暖かい日が続いたので、庭の雪も完全になくなり、例年より早く庭仕事ができるようになった。去年はたしか、ゴールデンウイークあたりまで、土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリップ

雪が解けた庭を見回ると、チューリップが芽を出している。 あれだけの雪の下にありながら、ちゃんと芽を出してくるチューリップ。去年も一昨年も、イノシシに球根を食べられてしまったけれど、この冬はイノシシは一度も現れなくて、よかった、よかった。 イノシシは出てこなかったけれど、庭にはうさぎのフンらしいものがいっぱい落ちている。直径1cm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪解け

今週は、これまでの寒さがうそのよう。4月並みのぽかぽか陽気が、庭の雪を一気に解かしてしまった。 名古屋の自宅でも山の家の様子が見られるように監視カメラをつけたHPでその様子を毎日チェックしていると、雪解けの様子が手にとるようにわかっておもしろい(11日に少し解け始めた雪が、14日にはほとんど消えてしまっている)。 今日の日中の気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩村のひなまつり

名古屋への帰路に岩村町(岐阜県恵那市)に立ち寄り、「いわむら城下町ひなまつり」を見学。 岩村町は城下町、江戸時代の情緒ある町並みが残る町である。この岩村町の重要伝統的建造物群保存地区に指定された本通りに面した旧家や商家など約7Oカ所に雛飾りが展示されている(今年の開催期間は2月2日から4月3日)。 230年前に岩村藩主邸に飾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強風のち晴れ

2週間ぶりの山の家は、あいかわらず雪の中、庭にはまだ30cmほど雪が残っている。 昨日は朝から、にわかに雪交じりの強風が吹くかと思うと、すぐまた晴れ間がのぞいたりと、めまぐるしい天気の変りかた。 夜中も風の音にときどき眼を覚まさせられたが、幸い今朝は晴れ上がり、昼前には南アルプスも真白な姿を現した。 それでも、お昼の気温はマイナス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キノコ栽培

今日も空は晴れわたり、気温も2℃まで上がった。寒さになれると不思議なもので、2℃でも暖かく感じる。 外にいても暖かいので、なめことしいたけの菌の植え付けをした。すでに11月に少し植え付けをしたが、菌が余っていたのと、昨年末に切ったくるみの木でも、キノコ栽培ができるのではないかというので、試してみることにした。 しいたけを5本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エサ台が完成

今朝はすっかり晴れ上がって、ほっと一息。といっても、3週つづきの雪で、日陰は50cmを越える雪が積み重なった状態。とりあえず、車の出入りができるように朝食前に、雪かき。 野鳥の屋根付きエサ台が完成。早速、今までのエサ台と並べておいてみる。とりあえず、雪で足元を固めてあるが、雪が解けたら、ひっくり返るかも。 野鳥は最初は用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪かき

昨夜もまた雪が降り、ウッドデッキや庭の雪はさらにに5cmほど高くなっている。 庭の雪かきをしようと表にでてみると、なんと、取り付け道路から駐車場の前まで除雪がしてあるではないか。 なんでも、今朝7時過ぎに地区の除雪車が(村の本格的な除雪車でなく、軽トラックにショベルをつけたようなものらしい)、近くまで除雪にきたところ、車輪を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥

3週間ぶりの山の家。昨夜、こちらについたときの気温はマイナス6℃ 先週降った雪が、まだ庭に残っていて、多いところでは10cmぐらい積もっている。 標高550mの村の中心部もうほとんど解けてしまってるのに、標高差300m、気温にして3℃の違いでずいぶん違うものだ。 この冬は、野山に食べ物が多かったのか、これまで小鳥の姿をあま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の準備

山の家では、冬は庭に霜柱が立ってしまうので、庭仕事がほとんどできない。 そこでこの週末は自宅で過ごす。 とはいえ、山の家の春の庭を彩る花々の苗をこちらで育てているので、けっこうやる仕事が多い。 昨年の9月から10月にかけてまいた種は色違いを含めておよそ40種類。 パンジー、ビオラ、アリッサム、ロベリア、シレネ、セラスチウム、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眺めのいい部屋

今朝7時の気温はマイナス5度、正午でもまだマイナス1度と、この冬一番の冷え込み。 外へ出たのは、ストーブの薪運びと、小鳥たちのえさ台に、餌をおきに行った2度だけ。 霜柱を踏むとサクサクと音がして、砕ける。 風景画? と、見間違いそうだけれど、これは2階の書斎からの南アルプスの眺め。今日は曇りなので、見えないが、晴れていれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬枯れの庭

年末に降った雪がまだ少し残っていたが、、金曜日と土曜日午前中の雨で、きれいに解けてなくなった。 でも、冬の庭は、凍てついて園芸作業も畑作業もほとんどできない。朝、庭に出てみると、霜柱が立ち、めだかを飼っている池には一面に氷がはっている。 かろうじて、レタス、小松菜それにシュンギクがビニールトンネルや霜よけの寒さに耐えながら育っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の表情は千変万化

今日も、空は晴渡り、風もなく穏やかな一日。 天気の良い日は南アルプスがばっちり眺められるのが、この山の家の魅力だ。 山は片時も同じ顔をしていない。朝焼けに染まる夜明けから、夕日に映える日没まで、山の表情は時々刻々変化していく。 とくに昨日の夕方などは、日が陰るにつれて、山肌がピンクから徐々に紫色に移り変わっていき、まさに幻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿

昨日までの天気がうそのように晴れ上がり、気持ちのいい1日となった。 雪が上がって初詣。すぐ近くの鳥居と小さな祠だけがある村の神社へ。 初詣の後は、はるかの散歩。散歩コースはクリスマスから、それまでの1.2km(30分)から距離が大幅に延びて3km(1時間)の周回コースへ。村で除雪をしてくれるおかげで日当たりのいい道はほとんど雪が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more