テーマ:

「はるかの庭」はまた雪景色

月曜日からの雨が上がったので、今週も花の苗を摘んで山の家に向かった。 中央道恵那山トンネルを出て園原ICで高速道を下りると道路の両脇は除雪した雪の山。 村の中心部まで下ると、雪の気配は全くなし。ところが山の家に着いてみると庭は一面の雪。 ウッドデッキのテーブルの上の雪はまだ10cm近い。 先週咲いていた庭の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋は雪

今日は名古屋では雪。朝方3cmほどの積雪。 庭のユズの木にもしっかり積もった。 日中は一旦止んだものの、夜になって再び積もりだしている。 明日の朝までにどれくらい積もるものやら。 それにしてもパンジーは強い。雪が積もった中でも普段通り咲き続けている。 育苗中の苗はビニールをかけて保護しているが、気温は日中で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

びっくり仰天の積雪

東京都心で11月に雪が降るのは54年ぶりという24日、ここ「はるかの庭」ではなんと18cmの積雪。 昨日来る予定が大雪ということで1日延ばし、急遽、車を冬タイヤに交換してもらい、あらためて今日出かけてきたというわけ。 樹木の雪は風で落ちているが、気温があまりあがらなかったせいか、ウッドデッキのテーブルや椅子の上には15c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」は雪に埋もれてた

今日は祝日、朝からすっきりと晴れ、日中もうららかというので、2カ月近く留守にした山の家に日帰りで出かけた。 事前に確認しておいたとおり、道路には雪が残っていないが、我が家に入ってみると、庭はまだ一面の雪。 日当たりのいいウッドデッキの上は消えているが、庭の手前の方は5cmほど、奥の方は10-15cmほど残っている。 もちろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

名古屋も積雪

暖冬から一変しての寒波襲来。 名古屋でも、18日深夜にこの冬の初雪に観測したのに続いて、今朝起きてみると一面真っ白、12-13cmの雪が積もっている。 気象台の観測では9cmだが、、我が家の庭ではそれより3cmほど多い。 ちなみに初雪が1月18日というのは1901に観測を開始して以来2番目に遅いとのこと。 は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い1日

朝起きてみると、庭が雪化粧。 明け方、猛烈に吹雪いていたが、まさか雪まで降っているとは。 この冬2度目の寒波襲来だ。 日中もときどき日はさすものの、どんよりと曇って粉雪が舞い、おまけにときどき強風が吹くという寒い1日となった。 今朝の最低気温は0.5℃とプラスを記録していたものの、日中もほとんど気温は上がらず、最高気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」はまだ雪の下

およそ3カ月ぶりに見る「はるかの庭」はまだ雪の下だった。 例年より厳しい寒さのせいで、ついつい延ばし延ばしにしてきたが、ここへきて暖かくなったので来てみたのだが・・・。 庭への取り付け道路はほとんど雪が消えていたのに、庭に入った途端10-20cmの積雪。 車が先に進めず立ち往生。やむを得ず車を降りて雪かきだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の家は雪化粧

昨日、旅行から帰って3週間ぶりに山の家に行ってみたら、もう屋根も庭も雪化粧。 名古屋から中央道で恵那山トンネルまでは雨だったものが、トンネルを抜けると雪が2-3cm積もっている。 まさに「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった」だ。 村の中心部に入るとまた雨で雪はなし。ところが家の近くの小さな川を渡ると途端に雪が積もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の家は孤立?

名古屋の庭で、クリスマスローズがいつの間にか咲いている。 大きな葉っぱに隠れて気がつかなかったが、蕾もたくさんについている。 寒い寒いと言っていても、2月も後半ともなれば、春の陽射し。 植物はこうした春の到来を確実に感じとって、花を咲かせ始めるのだろう。 日当たりのいい花壇に植えたパンジーも色とりどりに咲き始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の朝

今日は東京都心で26cm(22時現在、気象庁)の積雪、戦後3番目の大雪とのこと。 名古屋では11時に5cmを記録、といっても我が家の当たりでは10cm近く積もったが、その後雨に変わって徐々に融けだしている。 土曜日のこととて、朝のはるかの散歩時間、8時にはまだ道路には足跡一つない。 5cmほど積もった雪の上にはるかの足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1ヵ月ぶりの山の家

この週末は寒気が去って3月下旬並みの暖かさになるということで、1ヵ月ぶりに山の家に出かけた。 「はるかの庭」は予想通り、まだ大半が雪に埋もれたままであった。 日当たりのいい場所は雪が融けているが、それ以外は年末に降った雪が凍りついて根雪のようになり、その上に先週末の雪が5cmほどのった状態である。 なにしろ、この1ヵ月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の雪が融けない

「はるかの庭」の雪が全然融けていかない。 金曜日にきたときと変わらず、10-15cm積もったままだ。 なにしろ日中の気温が日が照っても2℃までしか上がらないのだから、融けるはずがない。 しかも朝の最低気温は-3℃くらいから今朝に至っては-7℃。このまま寒さが続けば万年雪化するのではないかと思わせるくらいだ。 当分、庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」は雪景色

2週間ぶりの「はるかの庭」は雪景色になっていた。 かろうじて除雪せずに庭に入ることができたが、10-15cmほど積もっている。 一昨日の夜に降って、25cmほど積もったとのこと。 昨日も今日も気温が上がらなかったので、まだ庭にはほとんどそのまま残っているのだ。 ウッドデッキの上の雪も凍りついていて、乗っても沈まないく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの「はるかの庭」は・・・(つづき、動画)

「はるかの庭」への取り付け道路から庭の駐車場前までの雪かきが終わって、やっと車を駐車場に入れることが出来た。 前日は取り付け道路と庭を少し除雪し、車をとりあえず庭に入れた。 残っていた駐車場前は今朝の仕事。 道路は日当たりがいいので20cmぐらいだけれど、駐車場の前はまだ30cm以上残っており、降ったばかりの雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの「はるかの庭」は・・・

4週間ぶりの山の家は雪の中だった。 庭とその手前の取り付け道路が14日の大雪とその後の積雪が重なって30cm-20cmぐらい残っている。 東京で8cmの積雪があった今月14日に、ここでは60cmほど積もったという。 そのため、こちらに来るのを控えていたのだが、来てみるとやはり車の乗り入れが出来ない。 手前に車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」の雪景色

「はるかの庭」はまだ雪景色。 はるかも月曜日に名古屋で5cmの積雪を経験したばかりなのに、山の家でまた雪なんていやだなぁ・・・と寒そう。 ここでは、月曜日に降った雪がまだ庭に残ったままなのだ。 屋根の雪は半分ほど融けているけれど、庭はそのまま。 月曜日以来ずっと気温が低かったようで、気象庁の近隣各地のデータか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた大雪か

今日は4年に1度のうるう日。 何か珍しい出来事でもと期待したが、また山の家は大雪のようだ。 テレビでは東京で雪が舞っているというニュースを見た後、先日、山の家の水道の修理をお願いした業者さんから部品が入ったとの電話があったので、山の家の方の雪の様子を尋ねたら、平地で10cmほど積もったという話。 念のため、気象庁のHP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の家はやはり雪景色

1ヵ月ぶりに山の家に来た。 最近は雪が降っていないので、ひょっとすると、と期待したが、やっぱり、まだ庭には雪が5cmほど残っている。 標高が700mくらいまでは、まったく雪がないのに、わが家の庭だけがまだ真冬のままだ。 でも、今日はずいぶん暖かかったのと、明日は雨だというので、残った雪も解けてくれるのではないだろう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山の家は雪景色

「はるかの庭」はやはり雪景色だった。 今年初めて来た山の家。 玄関横にとりつけた最高最低温度計は、留守中の最高気温7.7℃、最低気温-9.9℃を記録していた。 この寒さで、駐車場においたバケツ、そこには池のメダカを入れたままにしていたのだが、その水が全部凍ってしまってメダカの姿が見当たらない。 かわいそうなこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

名古屋も初雪

今朝は名古屋でも初雪が降った。 気象庁の発表だと8cmの積雪だというが、家の周りでは5cmほどだ。 それに道路にはほとんど積もっていない。 公園に出かけてみると、ここも雪の量は少ない。 今朝は風がほどんどなかったせいか、木の枝や電線にはしっかり積もっていて、日が昇ってくるのにつれて雪が舞いながら落ちてきている。 メ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柿の木と南アルプスの風景

今日は快晴の空、雪を真っ白にいただいた南アルプスがくっきりと見えた。 南信州では昔から干し柿づくりが盛んで、いたるところに柿の木がある。 南アルプスをバックに柿がたわわになっている風景は南アルプスの晩秋の風物詩だ。 そんな柿の木の中には、干し柿作りに使われず実がそのまま残されている木がある。 南アルプスが雪をいた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「はるかの庭」に雪が積もった

山の家にきて驚いた。庭一面に雪が3cmほど積もっているのだ。 はるかも、今年初めて見る雪にとまどっている。 この冬の初雪は、11月の旅行中とのこと。ただ、積もるほどではなかったということなので、今日が初積雪だ。 今朝11時に名古屋の家を出て、平谷村までくると沿道に雪が積もっている。 まさかと思ったが、「はるか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

真冬に逆戻り ― また雪が10cmも積ってしまった(動画)

スノードロップが咲いて春が近づいたと思いきや、今朝起きてみると庭一面雪景色。 また真冬に逆戻りだ。 朝の7時ごろには5cmほどだったのが、9時ごろには10cm近くになってしまった。 風がほとんどなかったために、パーゴラの上の雪も、木々の枝の雪も降ったそのままに積もっている。 とても3月の景色とは思えない。 先週…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

積雪40cm、山の家は雪の中

山の家はやはり雪の中であった。 昨日、「中馬のおひなさん」を見て、そのあと山の家に来たが、連絡を受けていたとおり40cmもの雪が庭や屋根にうずたかく積もっていた。 道路は村で除雪してくれるので、ほとんど雪が残っていないが、山の家への取り付け道路(ここも村道なのだが)から先は降ったときのままだった。 4輪駆動の車なので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪に埋もれた福寿草

福寿草は春を告げる花だと書いたばかりなのに、また真冬に逆戻り。 昨日午後からの雪で、福寿草は雪に埋もれてしまった。 幸い今日は快晴、お昼ごろには黄色い花が雪の中から頭を出してきた。 昨日の雪はすごく大きなぼたん雪。ぽっぽっ、ぽっぽと降りつづけあっという間に一面の雪景色。名古屋気象台の発表では4cmの積雪になっているが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

メタセコイアの並木に雪が降る ― 名古屋も大雪だ

昨日から名古屋も本格的な雪に見舞われた。 今朝起きて外を見ると一面の雪景色。 昨夜で名古屋の積雪は11cmだったという。10cmを超えるのは3年ぶりのことだ。 こんなに雪が積もっていればきっと公園はきれいだろうと、カメラを手に散歩がてら近くの公園まで出かけてみた。 8時すぎたころであったが、普段どおり犬の散歩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホワイトクリスマス

昨夜遅く、サンタクロースがはるかのところにやってきた。 上の家の子供たちにプレゼントを届けにきた帰りに立ち寄ってくれたもの。 あいにくはるかへのプレゼントはなかったものの、いっしょにカメラにおさまってくれた。 上の家の子供たちは毎年サンタクロースが来る時間には眠っていて一度も姿も顔も見ていないというので、ここでも顔は見せな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

犬は喜び、庭駆けまわり ― 雪のクリスマスイブ(動画)

今日はクリスマスイブ。 明け方から降り出した雪がお昼ごろには5cmほど積もった。 今年2度目の積雪だが、まさにホワイトクリスマスの言葉がぴったり。 「雪やこんこ霰やこんこ。  降っても降ってもまだ降りやまぬ。  犬は喜び庭駆けまわり、  猫は火燵で丸くなる。」 文部省唱歌「雪」の2番だ。(堀内敬三、井上武士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス雪景色

昨日の雪から今日は雲ひとつない青空が広がり、2階の書斎からは真っ白になった南アルプスが一段とくっきりと見えるようになった。 この時期になると2階のデッキからは、直線距離で赤石岳まで40kmはあるはずの南アルプスが間近に見えるから不思議だ。 以下の写真は200mm望遠で撮影したもの。 今朝の最…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初雪が降った、クリスマスツリーは作り直し

今年の初雪が降った。 山の家に来る途中でも標高700-800mを越えたあたりは雪景色だった。 標高500mくらいまで下った村の中心部では初冬のおだやかな日差しにもどり、雪が降った気配もない。 ところが家の近くに来て、標高750mを越えると雪景色になった。 「トンネルを抜けると雪国であった」は川端康成だが、ここでは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more