テーマ:フロックス

宿根フロツクス

「はるかの庭」で夏の間花を咲かせ続けるのが宿根フロックス。 宿根フロツクスは北アメリカ原産のハナシノブ科の多年草で学名はPhlox paniculata。 初夏から秋にかけて花を咲かせるが、「はるかの庭」では7月初めごろから咲き始める。 高さは50cm~120cmほどになり、茎の先端に丸い花を房状に咲か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フロックス、タチアオイなど

4日からの大雨で「はるかの庭」へ来たのは10日ぶり。 4-7日に降った雨量は気象庁のデータでみると飯田で245.5ミリ、阿智村浪合で353ミリ。「はるかの庭」でも300ミリぐらいは降ったと思われる。 おかげで庭の花の傷みもひどい。植えた苗も小さいものは溶けてなくなってしまった。元気なのは雑草だけ。 そんな中でフロックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の庭 ― フロックス、リシマキア、ゲラニューム

「はるかの庭」もいよいよ夏の庭に変ってきた。 その中からフロックスとリシマキアそれにゲラニューム。 宿根フロックス・ブルーパラダイス(学名 Phlox paniculata 'Blue Paradise' )はフロックスの中で最も青みが強い品種。ハナシノブ科の多年草だ。 草丈1m前後と高く、青紫色の花をたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再びフロックス

一度咲き終わったフロックスが再び咲きだした。 フロックス(Phlox)は北アメリカ原産のハナシノブ科の多年草。 フロックスの名で出回るものは多種類あるが「はるかの庭」のフロックスは高性種で多年草のパニキュラータ(Paniculata)種。 高さは1mぐらいになり、茎の先端に丸い花を房状にたくさん咲かせる。一度咲き終わっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フロックス

暑い日が続く「はるかの庭」、少し夏枯れ気味の中で、フロックスは暑さを楽しむかのように元気に咲いている。 フロックス(Phlox)はハナシノブ科で、1年草タイプのドラモンディー種と多年草タイプのパニクラータ種の2種が主にフロックスとして栽培されている。 「はるかの庭」のフロックスは毎年花を咲かせる多年草。 花色は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」の7月(動画)

猛暑が続く今年の7月、「はるかの庭」ではそんな暑さにも負けず、花々が元気に咲いている。 デルフィニウムは、昨年秋にタネをまいて100本近く植えたものが、6月から順番に花を咲かせている。 オーロラ系のブルーやパープルだが、生長度合いに差が出たので、今年は開花は無理かと思っていたら、予想に反して次々と蕾をつけている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more