テーマ:ヒマワリ

ヒマワリ

夏の花と言えば、ヒマワリ。そのヒマワリがやっと咲きだした。 ヒマワリはキク科の一年草。英名は「Sunflower」、和名では「向日葵(ヒマワリ)」「日輪草(ニチリンソウ)」などと呼ばれ、いずれも太陽に 由来する。 黄色い花びらの部分は「舌状花(ぜつじょうか)」で、雄しべがない。黒っぽい中心の部分は「筒状花(とう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の庭

暦の上では立秋をすぎたが、日本列島は猛烈な暑さ。 「はるかの庭」でも日中は31℃を超す暑さに、庭の花も野菜もぐったり。 わずかに夕方のにわか雨が救いだ。 真夏の花と言えばヒマワリ。 キク科の1年草で、英名は「サンフラワー Sunflower」、和名でも「向日葵」「日輪草」「日車」といずれも太陽に由来する名前だ。 た…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒマワリ・ロシア

「はるかの庭」でヒマワリのロシアが咲いた。 草丈は約200cm、先端が明るい黄色をした花径約25cmの巨大な花を咲かせるということだが、そこまで大きくなっていない。 ロシアでは一般的で多く栽培されているのでこの名前がついたのだという。 ヒマワリは北米原産のキク科の一年草。 英名ではSunflower、和名では向日葵(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の庭

暦の上ではもう秋。 でも、連日の猛暑、それに突然の豪雨。 そんな「はるかの庭」では暑さにもめげずというより、必死に耐えて、ヒマワリをはじめ真夏の花が咲いている。 ヒマワリは数種類植えたが、咲いているのはまだこの1種類だけ。 ピンクのフロックスもようやく咲き出した。 白やブルーのフロックスの開花より半月ほど遅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒマワリが咲いた

「はるかの庭」でヒマワリが咲いてきた。 やはりヒマワリは真夏の花だ。 昨年とったタネをそのままバラまいておいたものが発芽したのだ。 もう少し早く花を咲かせるには、きちんとタネをまいて育てるべきだったか。 発芽が遅かったけれど、ぐんぐん生長して背丈が2m以上になってしまった。 椅子の上に乗らないと花の写真がうまく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遅咲きのヒマワリ

もう9月になってしまったのに、「はるかの庭」ではようやくヒマワリが盛りを迎えたところだ。 満開のヒマワリの花にミツバチが代わる代わる訪れてせっせと蜜を集めている。 ヒマワリの花は、大きな1つの花のように見えるが、実は多数の花が集まって1つの花の形を作っているのだ。 これはキク科の植物に共通の特徴で、外側の黄色い花び…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「はるかの庭」がやっと夏らしくなった

「はるかの庭」でヒマワリが咲き始め、やっと夏らしい庭になった。 今、「はるかのひまわり」が東日本大震災の被災地で花を咲かせ、被災者の心を和ませているという。 「はるかのひまわり」は、阪神・淡路大震災で亡くなった神戸市の小学6年加藤はるかさんの自宅跡地に咲いたヒマワリ。地元の人が育て、新潟県中越地震の被災地など各地に種…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒマワリもやっと咲きそろった

残暑が厳しいといっていたのが嘘のよう。 今朝の最低気温は14.5℃。日中も雨で気温が上がらず23℃くらいにしかならない。 ヒマワリはキク科の1年草。 向日葵の名前のとおり、真夏のギラりと照りつける太陽に似合う花のはずなのに、「はるかの庭」では今ごろようやく咲きそろった。 少し遅く種をまいたのと、植えたのがヤナギの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more