コスモス(秋桜)とシュウメイギク(秋明菊) ― 秋の庭に

画像

画像今朝の最低気温は17.9℃、日中は29℃まで上がったものの、爽やかな秋を感じる1日となった。
空を見上げれば天高く澄みわたり、ぽっかり浮かんだ雲にも秋らしさを感じる。

「はるかの庭」でも、コスモス(秋桜)やシュウメイギク(秋明菊)が咲き、その名のとおり秋らしい庭になってきた。

コスモスはキク科の1年草。
メキシコ原産の外来種とは思えないほど、日本の秋の風景にとけこんでいる。

コスモスは青空にとてもよく似合う。

画像

一つ一つの花は可憐だが、群生させると見事な景観となるので、全国にたくさんのコスモス街道やコスモス公園などの名所がある。

画像

「はるかの庭」では、西側のボーダー花壇と南側の花壇にまとめて植えている、というより、最近はこぼれ種からの自生にまかせている。
これは西側ボーダー花壇のコスモス。

画像

赤、ピンク、白の3色あり、もっとも多いのがピンクだが、この赤いコスモスがアクセントになり、好きな色だ。

画像

コスモスを代表するのはこのピンクのコスモス、花言葉は「乙女の真心」。

画像

シュウメイギク(秋明菊)は、名前にキクがついているが、実際はキンポウゲ科の多年草。
半日陰を好むので、庭木の下などが植えるのに適した場所だ。

画像

子株ができやすい植物なので、株分けで簡単にふやすことができる。
地下茎からランナーが伸びてその先に子株ができる。その子株を掘り上げて移植すれば簡単に根付く。

画像

「はるかの庭」には、ピンクと白の2種類のシャュウメイギクがある。
ピンクのほうは、最初は名古屋の庭から株分けして植えつけたが、年々子株から増えつづけて、ほかの花を圧倒しつつある。
白色のほうは、まだ咲き始めたばかり。こちら比較的日が当たる場所に植えているのでほとんど株が増えていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年09月12日 12:36
こんにちは。コスモスもシュウメイギクもピンクで心が和みます。青空もぴったり合いますね。
阿kもすぐそこにきてますね。
2010年09月12日 13:41
こんにちは
今日も朝から暑くなりましたが、空も、雲も、風も、そして「はるかの庭」も秋色になってきました。

この記事へのトラックバック