「はるかの庭」のバラ2014(6) ― メアリー・ローズ、キャスリン・モーリー

画像

「はるかの庭」でようやく秋のバラが咲きだした。

メアリー・ローズ(Mary Rose)はイングリッシュローズで四季咲き。
もっと大きなシュラブを形作ってよさそうだけれど、3本あるいずれもが小さな株にとどまっている。
その中でもこの1本だけがかろうじて少し枝を伸ばしてきた。

画像

ローズ色の花径10cmほどの大輪ロゼット咲きが美しい。5輪前後の房咲きとなるので、最初に咲きだした花の横に赤い蕾が覗いている。
アゲラタムの青や白色がバラの色を一層鮮やかにしてくれているのがうれしい。

画像

キャスリン・モーリー(Kathryn Morley)も同じくイングリッシュ・ローズで返り咲き。
こちらは大型のシュラブに育った。春先には毛虫退治に追われたが、大きな被害も出さずに秋を迎えた。
たくさんの蕾をつけてきたので、これからが楽しみ。

画像

花は淡桃色。深いカップ咲きからロゼット咲きに変わる。
ほのかなティー・ローズの香りがやさしい。

今週初めの台風18号では被害はほとんどなかったものの、来週初めにはまた大型の19号が近づきそう。
せっかく咲き始めたバラにとっては歓迎しかねる台風来襲だ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック