春の雪

DSC_1154.jpg-2400.jpg
「はるかの庭」では、昨夜からの雨が今朝7時頃から雪に変わり、10時すぎまで降り続いて、3cmほど積もった。

DSC_1166.jpg-2400.jpg
時季外れの春の雪だが、スノードロップにはこの景色が似合う。

DSC_1167.jpg-2400.jpg
とはいえ、せっかく咲き始めたクロッカスやクリスマスローズなどは寒さに震えているようだ。

DSC_1162.jpg-2400.jpg
標高850mにある雪景色の「はるかの庭」から標高550mの村の市街地まで下りてみると、雪が降った気配はなし。
毎度のこととはいえ、わずか300mほどの標高差がもたらす気象条件の違いに驚かされる。

DSC_1135.jpg-2400.jpg
昨日はぽかぽか陽気。
庭ではチオノドクサが咲きだしていた。
チオノドクサ早春からかわいい星形の花を咲かせるユリ科の小球根。

DSC_1136.jpg-2400.jpg
学名のChionodoxaは、ギリシャ語のchion(雪)、とdoxa(輝き)から。こちらも雪に縁がある名前だが、雪解けの頃に咲いている姿を発見されたことに因むという。花色は青紫色、桃色、白色等がある。
学名がそのまま日本語名になっている。

DSC_1137.jpg-2400.jpg
もう一つ雪のついた花、雪割草。
雪割草はキンポウゲ科の多年草。学名はHepatica。愛らしい春の山野草として親しまれているが、この花は昨年、新潟県の国営越後丘陵公園で買い求めたもの。

これからしばらくの間は、名古屋の庭で育てた花の苗を運んできては「はるかの庭」に植えつける作業が続く。植えたところで今日のような雪や厳しい寒さは避けたいところ。自然条件とはいえ、毎年悩ましいところだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント