テーマ:シャクヤク

シャクヤクとクレマチス(2)

気象庁が7日に梅雨入り宣言。とたんに50mmもの大雨が降った。 まさに「はるかの庭」のシャクヤクが咲きそろおうというときだから、間が悪い。 なんとか頑張って開花したものの繊細な花びらが傷められてしまった。 花の向きもあっちを向いたり、こっちを向いたりマチマチ。 シャクヤク(芍薬)はボタン科の多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクヤクの庭

6月は「はるかの庭」の最も美しい季節。 シャクヤク(芍薬)、バラ、ジギタリス、デルフィニウム、千鳥草などが咲きそろう。 なかでも、シャクヤクはちょうど見ごろを迎えている。 1枚上の写真で右端にあるのが「滝の粧」。 「滝の粧」は咲き始めは淡いピンク、満開になるとピンクを含む白色になる。 茎がすらりと伸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シャクヤクが咲きだした

6月に入って「はるかの庭」ではシャクヤク(芍薬)が咲き始めた。 全部で40株ほどあるうちの4株ほどだが、咲きだすとすぐに満開になってしまう。 今年も1番バッターはカンザス。明るく鮮やかな赤色の花だ。 支柱を立てているが先日の強風で倒れこみ、早くも少し傷みも出てきた。 チャールズ・ホワイトは朝まだ蕾だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク2016(2)

「はるかの庭」のシャクヤクももう終わりだ。 名古屋へ帰っている間に、ほとんど開花してしまい、残っているのは1輪ずつだけ。 フェスティバ・マキシマは豪華なバラ咲きの巨大輪。 大きな白花中央部の花弁の先に、少しだけ紅色が乗っているのが特徴だが、この写真では紅色が見えていない。 サラベルナール(Sarah Bern…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク2016(1)

「はるかの庭」で5月下旬からシャクヤク(芍薬)が咲きだした。例年より開花が早い。 1番に咲きだすのは決まってウッドデッキ前のカンザス。 明るく鮮やかな赤色花。、茎が強く、切り花にもできる。 2株あったうちの1株は、昨年の株分けが悪かったのか、生長が遅く、花もついていない。 エデンズパフュームはパステルピンクの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の庭

「はるかの庭」が最もきれいになる6月。 1週間ぶりに見る庭はまさに花盛り。 シャクヤクが一斉に咲きそろい、バラも早咲きが開花、ジギタリスはじめデルフィニウム、ルピナス、ポピーなどの花々が初夏の庭を彩っている。 開花した大輪のシャクヤク、前々日の雨で重い頭を垂れてしまっていた。支柱を立て直したり、追加したりして、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク2015 ― (1)カンザス

「はるかの庭」で例年より10日ほど早くシャクヤクが咲きだした。 いつも一番に咲きだすのはウッドデッキ前のカンザス。 明るく鮮やかな赤色の花。 花形の整った美しい花だけれど、2日ほどで盛り上がるように大きくなった。 シャクヤクはボタン科の多年草。 ただし、ボタンが「木」であるのに対し、シャクヤクは冬に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク2014(2)― サラ・ベルナール、ェスティバ・マキシマ

「はるかの庭」のシャクヤクの最後を飾ってサラ・ベルナールとフェスティバ・マキシマが咲いた。 サラベルナール(Sarah Bernhardt)は濃ピンクの半バラ咲きの巨大輪。 フランスの舞台女優にちなんで名づけられたシャクヤクで、偉大な女優をしのばせるエレガントな花姿と香りがすばらしい。 女優のサラ・ベルナール(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクヤクが咲きそろってきた

「はるかの庭」でシャクヤクが咲きそろってきた。 今年は咲き始めたところで梅雨入り、シャクヤクにとっては歓迎すべからざる梅雨だ。 カンザスはすでに1週間前猛暑の中で開花し、あっという間に満開。 おかげでこの長雨でほとんど散ってしまった。 明るく鮮やかな赤色の花。花形の整った美しい花だけれど、2日ほどで盛り上がる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクヤクが満開になった

「はるかの庭」のシャクヤクが一気に満開を迎えた。 カラカラ天気でちょっと生気のないようにも見えるが、昨日の雨で生き返ったようだ。 その雨の降る前に撮影したもの(品種名はのちほど追加)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク(1)

「はるかの庭」でシャクヤク(芍薬)が咲き始めた。 シャクヤクはボタン科の耐寒性の宿根草。 昨年秋に株分けしたので40株ほどに増えているが、そのうちの3種類が咲いたところだ。 カンザスは毎年1番最初に咲きだす。 明るく鮮やかな赤色が、今年もまたシャクヤクの季節になったという気分にさせてくれる。 草丈が80~9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク2012(3) ― サラベルナールほか

「はるかの庭」で咲いたシャクヤクを切り花にして飾った。 今日は朝からの天気予報だったので雨に打たれてダメになる前に切り花にしたのだ。 サラベルナールは濃ピンクの巨大輪。 フランスの舞台女優にちなんで名づけられたシャクヤクで、偉大な女優をしのばせるエレガントな花姿と香りがすばらしい。   芍薬のつんと咲きけり禅…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク(2) ― エデンスパフュームほか

「はるかの庭」でシャクヤクが次々と開花し見頃を迎えた。 ただ、今年も梅雨の時期と重なり、折角きれいに咲いても、一度雨に当たると傷んでしまうのが残念だ。 このエデンスパフャームなどは一株に20輪も花をつけたが、土曜日の雨で茎が折れたりしたので半分ほどになってしまった。 エデンスパフュームは淡いピンクとクリーム色の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「はるかの庭」のシャクヤク(1) ― カンザス、ピンク・カメオ

「はるかの庭」でシャクヤクが咲き始めた。 開花したのは30株ほどあるうちのまだ2株だけだが、今週末ごろには他の株も咲きだしてちょっとしたシャクヤク・ガーデンになるだろう。 カンザスは、明るく鮮やかな赤色花。 見応えのある大輪花で、草丈も80cmほど、茎が強く切り花にも適している。 「はるかの庭」では毎年1番最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクヤクを切り花に

満開のシャクヤクを切り花にした。 先週からの雨続きで大輪のシャクヤクが頭をたれてしまっている。 折角咲いたのにかわいそうなので、切り花にして部屋に飾ることにした。 八重咲き、万重咲きの白、赤、ピンクを20本ほど花瓶に活けるとなんと贅沢なこと。 「芍薬を画く牡丹に似も似ずも」 正岡子規の俳句にあるよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雨にも負けずシャクヤク咲く

「はるかの庭」では、連日の雨にもかかわらず、シャクヤクが次々と花を咲かせている。 サラベルナール(Sarah Bernhardt)は、 フランスの女優サラ・ベルナールにちなんで名付けられたシャクヤク。 その名にたがわず、濃ピンクの巨大輪、花形が最後まで乱れない魅力的な花だ。 フェスティバマキシマは白花の大輪。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シャクヤクが見頃を迎えた

「はるかの庭」のシャクヤクが見頃を迎えた。 でも、梅雨とシャクヤクの開花時期が重なるのがなんとも恨めしい。 ボール・オブ・ビューティ(Bowl of Beauty)は、翁咲きで外側の花弁がピンクの一重。クリーム色の中心部がなんともかわいい。 エンジェル・チークスは、ソフトピンクにクリーム色の愛らしいコントラスト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シャクヤクが咲き始めた

「はるかの庭」のシャクヤクが咲き始めた。 今年は寒さでバラの枝がずいぶん枯れてしまったのに対してシャクヤクのほうは元気いっぱいに育っている。 シャクヤクはボタン科の多年草で、ボタンが木であるのに対して、シャクヤクは草である。 そのため、冬には地上部が枯れて休眠する。 このことががきっとシャクヤクをこの冬の厳寒から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シャクヤクが見ごろ

今日もまた暑い1日となった。「はるかの庭」の花たちもこの暑さで咲き急ぎ始めたようである。 5月末から6月前半の庭を飾るのは、30本ほどのシャクヤクである。 ただ、シャクヤクの品種名が植え替えをしている間にわからなくなってしまったものがあり、残念というか、失敗だ。 ウッドデッキでとる朝食も、背景はシャクヤクになった。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シャクヤクが咲きそろった

6月になって、野鳥の姿を見かけなくなったが、鳴き声だけはいっそうにぎやかになっている。これまでのウグイスの「ホーホケキョ」に負けじと、ホトトギスが早朝から「トーキョートッキョキョカキョク」と声をはりあげている。 そんな鳴き声に目覚めたのか、「はるかの庭」でたくさんの蕾をつけていたシャクヤクがいっせいに咲きそろってきた。 ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクヤク が咲き始めた― エデラススプーバ、ソルベット

「はるかの庭」でバラと並んで多いのが、シャクヤク、現在30本ほどある。 あちこちに1、2本ずつ分散していたものを昨年4、5本ずつに集約した。植えつけ場所を移動したので、今年は花を期待していなかったものが、昨年以上に株が大きくなり、草丈が80-100cmくらいになっている。 5月の中ほどから、赤、ピンク、一重、八重など、つぼみがふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝ごはん

まだかな、とお腹をすかせて、待ちかね顔のはるか・・・。 朝ごはんは、庭仕事が一段落してからなので、昨日も9時過ぎ。人より先に、椅子に座って早くしてよ、と催促、ウッドデッキからは満開のシャクヤクが眺められるが、はるかには、花より団子ならぬ、ごはんしか目がない。 朝ごはんは、コーヒーとパンに野菜ジュース、目玉焼き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクヤクが満開

「はるかの庭」は今、シャクヤクが次々と咲きだしている。 最初の年に植えたシャクヤクは寒さで大半が消えてしまったけれど、2年目、3年目に植えたものが、いつのまにか30株ほどになり、バラと並んで優雅に咲いている。 名前がわからないのが、残念ではある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more